麹菌 甘酒

米麹から作る麹菌たっぷりの甘酒は妊娠中も飲める!

麹菌のパワーが注目されると同時に人気が高まっているのが甘酒です。

 

お砂糖が入っていないのに甘い甘酒は、子供や女性にも人気の飲み物ですね。

 

最近では「飲む点滴」などとも言われて注目されているので、
美容や健康のために甘酒を飲む人も増えているようです。

 

 

甘酒が飲む点滴と言われているのは、それだけ栄養が豊富だからです。

 

点滴に含まれているビタミンB群やアミノ酸、ブドウ糖やオリゴ糖などが
甘酒にもたっぷりと含まれているのです。

 

甘くて美味しく飲めて栄養がたっぷりの甘酒ですから
人気が高いのもうなずけますね。

 

しかし、甘酒は冬の寒い時期に飲むイメージがあり、
実際、スーパーなどで甘酒を見かけるのは冬だけでした。

 

寒い日に生姜を入れた温かい甘酒を飲むのは美味しいものですが、
実は、江戸時代では、甘酒は夏の風物詩として親しまれてきたのです。

 

江戸時代から甘酒の健康効果は知られており、
夏バテしないようにと、夏に飲むものとして広まっていたのです。

 

ビタミンB群やブドウ糖が豊富な甘酒は、
暑い夏を乗り切るにのぴったりの栄養ドリンクだったのですね。

 

 

米麹から作る甘酒は妊娠中の人も子供も飲める!

 

甘酒には、酒粕で作るものと米麹を使って作るもの、2種類があります。

 

麹菌のパワーを得るためには、米麹から作る甘酒がおすすめです。

 

米麹の甘酒はノンアルコールなので、
子供でも妊娠中の女性でも安心して飲むことが出来ますし、
朝の栄養補給にもぴったりです。

 

また、米麹の甘酒にはお砂糖が含まれていないので、
お砂糖を控えている方にも安心です。

 

お米をおかゆにして、そこに米麹を加えて発酵して作られるのが
米麹の甘酒です。

 

麹菌と水だけで作る方法もあります。

 

デンプンの自然な優しい甘みが特徴です。

 

 

市販の甘酒を購入しても良いですが、
麹菌の甘酒はなんといっても作り立てが美味しく、
また自宅でも手軽に手作りできるので挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

麹菌を発酵させるための温度調整は、魔法瓶や炊飯器を使うことで出来ます。

 

 

魔法瓶や炊飯器に
温めた水と麹菌を入れて8時間ほど放置しておけば完成します。

 

朝、作り立ての甘酒を飲めば、
身体を動かすパワーに、また頭を使うエネルギー源となってくれます。

 

美肌や美髪のため、
便秘解消にも甘酒は役立ってくれますよ。

 

 

 

 

⇒トップページへ戻る