麹菌 ダイエット

麹菌のパワーはすごい!【美容・健康・ダイエットに効果アリ】

酵素ドリンクがダイエッターの間で大流行しましたが、
今度は、塩麹などでも知られる麹菌がダイエッターの間で注目を集めています。

 

お肉や魚などの食べ物の素材の旨味を存分に引き出し、
なおかつ減塩効果もあるとして一大ブームとなった塩麹。

 

この塩麹の中には麹菌が含まれており、
ダイエットや美容、健康にと幅広い効果が期待されます。

 

 

麹菌とは

 

麹菌とは、塩麹をはじめ
もっと身近なお醤油やお味噌などの醸造食品を作る際に使用されているものです。

 

そして麹菌は「酵素の宝庫」とも言われているのですから、
ダイエッターに注目されるのは当然のこと。

 

酵素と言えば、ダイエッターの方なら良くご存知かと思うのですが、
食べ物の消化活動をサポートしたり、
エネルギーを作り出すのをサポートしてくれるなど
生命活動を円滑に行うためには欠かせない栄養素ですよね。

 

酵素が豊富な食品には、生野菜や果物、大根おろしやお刺身などの生(なま)の食品をはじめ、
納豆やお漬物などの発酵食品などが挙げられます。

 

「酵素の宝庫」とまで言われている麹菌が作り出す酵素の種類や量は圧倒的で、
数ある微生物の中でも麹菌の酵素の生産力は、非常に優れているのです!

 

 

日本の発酵食品の始まりと麹菌の活用技術

 

麹菌の麹という漢字は、中国では「カビ」を意味する文字です。

 

日本では、麹と書いたり、
もう一つ「糀」と書くこともありますね。

 

日本の国字では糀と書くのですが、これは中国では麦にカビを生やしたのに対して、
日本では米にカビを生やすのが一般的だなったので、
「糀」となったのではとも言われています。

 

加熱などをした食材をそのまま放置しておき、
自然界に存在する菌によって発酵させたものが発酵食品の始まりです。

 

日本では、お酒を造る際に、
蒸したお米に麹菌を振りかけてコウジカビのみを
純粋に培養していくという技術が発達したそうです。

 

昔の人たちは、その経験から、好みに応じたコウジカビを繁殖させて、
美味しくて栄養もたっぷり、
さらに保存性も高い食品を作るという素晴らしい知恵、技術を発達させたのですね。

 

こうしてできた種麹は、酒造業界では「もやし」と言われていて、
奈良時代にはすでにその製法が完成されていたと言われています。

 

日本で最も多く使用されている麹菌は、アスペルギルス・オリゼー。

 

これがお味噌や醤油、甘酒、清酒など、さまざまな醸造食品に用いられています。

 

このように幅広い食品に用いられるということは、
それだけ、幅広い原材料の成分を分解するだけの多くの酵素を含んでるということになります。

 

最近の健康志向の高まりで、麹菌もまた改めてその素晴らしさに注目が集まっています。

 

【PR】こうじ酵素

 

 

麹菌の効果とは

 

麹菌には、ダイエットから美容、健康にまで、幅広い効果が期待できます。

 

例えば、麹菌が作り出すアミラーゼという酵素は、お米などのでんぷんを分解する酵素です。

 

胃腸の働きをサポートするほか、
でんぷんを分解した際に、善玉菌のエサとなるオリゴ糖を作るので、
腸内環境を整える働きもあります。

 

腸内環境が整えられることで、
便秘も解消され、便秘による吹き出物やニキビなどの肌トラブルも解消されます。

 

また麹菌は、酵素以外に、
葉酸やビオチンなどのビタミンB群が豊富であることも分かっています。

 

葉酸は、妊娠中のママには欠かせない成分ですし、
ビオチンは、美容効果に優れた成分としても知られています。

 

コラーゲン生成に深いかかわりがあり、皮膚の再生力をアップしたり、
さらに、健康で美しい髪や爪のためにも欠かせないのがビオチンです。

 

ビタミンB1は炭水化物などの糖質をエネルギーに変換する栄養素で、
これが不足すれば疲れやすくなります。

 

疲労回復には欠かせないビタミンB1ですが、
水溶性のビタミンなので、汗や尿としてすぐに排出されてしまうという特徴があります。

 

昔の人達は、ビタミンB1不足で夏バテしないようにと、
麹菌で作った甘酒を飲んでいたそうです。

 

冬のイメージがある甘酒ですが、江戸時代では夏バテ予防のために夏に飲んでいたのですね。

 

最近ではまた「飲む点滴」などと言われて甘酒が注目されていますね。

 

 

麹菌の摂り方

麹菌を使った発酵食品は、昔から健康に役立つことが知られており、
普段の食事にもたくさん取り入れられてきたのです。

 

今また、その麹菌が見直されているのですが、
麹菌を摂取しよう!と身構える必要もありません。

 

先ほども説明したように、お味噌やお醤油、甘酒やお酒など、
身近な食品の中に麹菌は含まれています。

 

また、塩麹を使用して漬物を作ったり、
お肉や魚を漬け込んで調味料のように使用しても良いですね。

 

麹菌が作り出す独特の風味や甘みは格別で、
甘みと言っても砂糖などとは違う奥深さのあるものです。

 

お肉や魚を漬け込めば、
まろやかな旨味が引き出され、素材の持ち味が引き立ちます。

 

食材の持つ旨味を引き出し、そして栄養価もアップしてくれるのが麹菌なのですね。

 

 

ただ、これらの麹菌をより効果的に摂るためには、温度に注意してください。

 

麹菌に含まれている酵素が最も活性化するのは50〜60℃くらいの温度。

 

れ以上の高温になるとせっかくの酵素の働きが失われてしまいます。

 

麹菌のパワーを最大限得るためには、
高温での加熱調理は避けるようにして下さい。

 

また、お味噌やお醤油などの醸造食品は、塩分が多いことが気なります。

 

麹菌が身体に良いからと言って食べ過ぎてしまっては
今度は塩分の摂りすぎになります。

 

麹菌の効果や特徴を良く知って、上手に取り入れることができれば、
自然と健康な身体になり、ダイエットしなくてもスマートな体型を維持できるはずです。

 

 

【PR】こうじ酵素

 

 

⇒こうじ酵素を実際に試した体験談はこちら

 

 

⇒トップページへ戻る